育児(0-1歳)

桶谷式の口コミは本当か?【桶谷式を見学した男性の視点から解説】

桶谷式の口コミは本当か

母乳で赤ちゃんを育てたい!

そう思っても・・・

 

  • 赤ちゃんがおっぱいをうまく吸えない
  • 乳首をくわえるのさえ嫌がってしまう
  • 母乳が出ない(または出が悪い)

 

初めての育児となると、
こういったことが起こり得ます。

実際に僕の妻もそうでした。

 

夫として、何かできることはないかと、
いろいろ調べているうちに、

『桶谷式』の存在を知りました。

 

桶谷式の口コミを調べてみると、

 

母乳が噴水のように吹き出した!

信じられないような良い口コミから、

 

ストレスで逆に母乳が出なくなった

かなり悪い口コミなども目立ちます。

 

いほり
いほり
口コミを読めば読むほど、結局、何を信用すればいいのか分からなくなってきた・・・

 

それならば!

ということで、

実際のところはどうなのか?

桶谷式母乳育児相談室に行き、
自らの目で確かめてきました。

 

実際に訪問して分かったのは、

桶谷式は人によって、
合う合わないの差が大きい

ということです。

 

なぜ僕がそう結論づけたのか?

また、その結論を踏まえて、
桶谷式が合う人、合わない人は
それぞれどんな人なのか?

これらについて、
ご紹介していきます。

 

桶谷式にちょっとでも興味がある方は、
ぜひチェックしてみてください。

 

ちなみに僕は男性なので、
当然ながら、乳房マッサージは
受けていません。

しかし、マッサージを受けていない
ということで、この記事自体が、

客観的であると同時に、
中立的な立場からみた桶谷式に対する
正直な口コミになっているはずです。

 

この記事が参考になる人
  • 桶谷式が気になっている
  • 実際に行った人の率直な感想や意見が聞きたい
  • 男性視点の口コミも聞いてみたい

 

男性の僕が桶谷式相談室に入れた理由

桶谷式母乳育児相談室に入る

 

冒頭サラッと書きましたが、
桶谷式母乳育児相談室は、
基本男性は立ち入り禁止のはず。

でも、今回、妻に同伴するかたちで、
特別に入室を許可されました。

 

では、なぜ男性の僕が相談室の中に
入ることを許されたのか?

 

この件について、
まずは簡単に触れておきます。

 

我が家にも待望の赤ちゃんが生まれ、

  • 母乳とミルクの混合育児
  • 母乳がしっかり出るなら完全母乳育児

このどちらかを希望する妻の考えのもと、
授乳トレーニングを始めたんですが、

  • 赤ちゃんが乳首をくわえようとしない
  • 無理矢理くわえさせようとすると、大泣きして嫌がる
  • くわえたとしても、乳首が痛すぎて、ひどいときは出血してしまう

こういった問題に直面しました。

 

僕自身、妻が苦労しているのを
いつも隣で見ていたので、

何か解決策はないかと
いろいろ調べた結果、

『桶谷式母乳育児相談室』

の存在を知りました。

 

運良く自宅から車で
30分以内のところに、
1つ相談室があり、

しかも、口コミを調べてみると、
結構な高評価!

 

いほり
いほり
これは、思わぬ救世主に
なるかも!

 

ということで、早速、妻に報告。

 

授乳が上手くいかないことに関して、
妻本人もかなり参っていたらしく、

翌日には電話で問い合わせをして、
その日のうちに相談室へ出かけました。

 

いほり
いほり
僕自身は仕事だったので、
その日は残念ながら同行できず。

 

仕事から帰宅した後、
妻に話を聞くと、

相談室では、以下のような
会話のやりとりがあったらしいです。

 

助産師さん
助産師さん
どうやってここ(桶谷式
相談室)を知ったの?

 

妻
夫が調べてすすめてくれました。

 

助産師さん
助産師さん
え!?旦那さんの紹介?
珍しいわねー。

 

助産師さん
助産師さん
旦那さんがそこまで母乳育児に前向きなら、旦那さんにも話を聞いてもらった方がいいかも!

 

妻
ですかね…。

 

助産師さん
助産師さん
じゃあ、次回の時に旦那さんも一緒に連れて来れる?
平日が難しいなら、土曜日の朝9:30〜で、どう?

 

夫がきっかけで、相談室を訪れたのが、
そんなに珍しかったのか、

特別に男性の僕が、
相談室の中に入ることを
許されました。

そして、2回目の訪問は、
僕も妻に同行することになりました。

 

桶谷式母乳育児相談室に行ってきた

桶谷式母乳育児相談室に行ってきた

 

僕たち家族が訪れた
桶谷式母乳育児相談室に関して、
簡単にご紹介させていただきます。

訪問するところによって、
状況はまちまちだと思いますが、
ざっくりとしたイメージとして
見ていただければと思います。

 

建物

築20〜30年は経過していそうな
古い1棟型のアパート

 

部屋(施術室)

5〜6畳くらいのフローリングの一室
そこに施術用の木製ベッドが1台あるのみ

 

室内の様子

誰かの家にお邪魔したような感覚。
建物が古いためか、正直あまり
清潔な印象は受けませんでした。

 

助産師さん

60歳過ぎくらいの女性が1人だけ。
ハキハキと喋る、おしゃべり好きな方で、
かなりハッキリと意見を言うタイプ

 

いほり
いほり
個人経営のエステサロンやマッサージ店をイメージしてもらえるとわかりやすいかも。

 

当日の流れ

1回の訪問で行われる内容になります。

どこの桶谷式相談室も
ほとんど同じ流れだと思います。

 

  • 問診票に記入(初回のみ)
  • 母乳マッサージ(20〜30分程度)
  • 授乳前に赤ちゃんの体重測定
  • 授乳確認(助産師さんの指導あり)
  • 授乳後の赤ちゃんの体重測定
  • お会計

 

妻が乳房マッサージを受けている間、
赤ちゃんは布を敷いた床の上で
寝ていました。

マッサージを受けながら、
雑談もはさみつつ、

もし聞きたいことや心配事などがあれば、
都度、聞けば答えてくれます。

なので、訪問前に質問事項などを
まとめておくと、より有意義な時間を
過ごせると思います。

 

料金

先ほどの流れで、マッサージやら
授乳チェックやらを受けた場合の
料金になります。

 

初回: 7,000円
2回目以降: 4,000円

 

訪れる相談室によって、
多少金額に違いはありますが、
どこも大きくは変わらないと思います。

決して安くはないですね。

定期的に通うとなると、
それなりの出費は、
覚悟する必要があります。

 

桶谷式のメリット

桶谷式のメリット

 

僕自身が感じた、
桶谷式のメリットは以下の4つです。

 

桶谷式のメリット

①乳房マッサージはプロの技
②経験に基づく的確なアドバイス
③哺乳ビンのくわえさせ方指導を受けられる
④授乳以外のことも教えてもらえる

 

順番にご説明します。

 

① 乳房マッサージはプロの技

最大のメリットは、

母乳が出るようになること

やはり、これですね。

僕の妻が初回訪問時に乳房マッサージを
受けたところ、詰まり気味だった母乳が
ちゃんと出るようになりました。

マッサージ自体も
痛くなかったみたいです。

担当する助産師さんの腕や経験
によって変わってくると思いますが、

母乳トラブル解消において、
桶谷式乳房マッサージは、
即効性があると思いました。

 

② 経験に基づく的確なアドバイス

母乳トラブルに関して、
経験に基づく的確なアドバイスが
もらえるのも桶谷式のいいところです。

例えば、

僕の妻は授乳させる際に、
乳首が痛いと悩んでいましたが、

授乳の様子を見た
助産師さんがひと言

 

授乳後の乳首の形を見て。
アーモンド型になってる
でしょ?

くわえさせ方が浅いとこう
なるの。だから、もっと
深くくわえさせてみて。

 

アドバイス通りに
妻が実践してみたところ、
乳首の痛みがなくなった
とのことでした。

授乳の様子を見て、
即座に的確なアドバイスができる
桶谷式の助産師さん

さすがですね。

 

③ 哺乳ビンのくわえさせ方指導を受けられる

哺乳ビンの正しいくわえさせ方
まで指導してくれます。

これも桶谷式ならでは
だと思います。

桶谷式からは、
専用哺乳ビンが発売されています。

 


こちらの購入が前提ではありますが、
しっかり指導していただけます。

 

ちなみに・・・

助産師さんが僕を相談室に招いたのは、
哺乳ビンの正しいくわえさせ方を
旦那である僕自身に直接伝授するため
だったみたいです。

 

僕たち夫婦は2人とも、
哺乳ビンのくわえさせ方が
マズかったらしく、

その影響で、赤ちゃんが
しっかりおっぱいを吸えていない
ということでした。

 

正しい哺乳ビンのくわえさせ方を
教えていただき、しばらくの間、
それを継続したことで、

赤ちゃんがしっかりおっぱいを
吸えるようになりました!

 

↓乳首だけでも売られています

 

母乳相談室を使った正しい
哺乳ビンのくわえさせ方は
こちらの記事にまとめてます。

 

④ 授乳以外のことも教えてもらえる

母乳に関する悩みを解決してくれる
桶谷式母乳育児相談室ですが、

母乳以外のことも聞けば、
何でも教えてもらえます。

 

妻が乳房マッサージを
受けている間、

僕自身、助産師の方に、
いろいろ質問しましたが、
しっかりと答えてくれました。

 

話が脱線してしまうため、
詳しくは書きませんが、

一例として、

・赤ちゃんが安心する抱っこの方法
・赤ちゃんを一時的に泣き止ませる方法
・むきむき体操のやり方(男の子の場合)

こういったことを
教えてもらいました。

 

いほり
いほり
分からないことだらけの育児において、相談できる相手がいるのはすごく重要です。

 

桶谷式のデメリット(訪問する際の注意点)

桶谷式のデメリット

 

残念ですが、
メリットばかりではなく、
デメリットもあります。

それが以下の4つです。

 

桶谷式のデメリット

①完全母乳前提の指導
②桶谷式哺乳ビンを買わされる
③ママに寄り添う指導方式ではない
④産院と意見が食い違う

 

デメリットも知った上で、
桶谷式相談室を訪問するかどうか
判断してください。

 

① 完全母乳前提の指導

妻が桶谷式相談室において、
問診票を記入した際、

・完全母乳希望
・母乳とミルク混合希望

このどちらかを
選択する項目があり、

「母乳とミルク混合希望」

を選択したらしいのですが・・・

実際は、完全母乳前提で
指導が行われたそうです。

 

いほり
いほり
問診票に書いた意味は?

 

ちなみに、
僕自身が相談室を訪問した際も、
完全母乳を意識しているだろうと
思わせるアドバイスを受けました。

 

例えば、

・母乳で育てるなら、ママは夜寝れないと思っておいた方がいい
・母乳の子は腹八分目でも問題なく育つから大丈夫
・母乳+ミルク60mlで、3時間以上寝るなら、ミルクは40mlに減らすべき

こんな感じです。

 

桶谷式自体が母乳育児を
推奨しているので、
仕方ない気もしますが・・・

桶谷式母乳育児相談室を訪れる際は、
完全母乳前提で指導されることを
覚悟しておいた方がいいかもです。

 

② 桶谷式哺乳ビンを買わされる

先ほども少し触れましたが、
桶谷式母乳育児相談室に行くと、
その場で購入を勧められるのが、

『母乳相談室』

という桶谷式専用の哺乳ビンです。

 

僕の妻は初回訪問時に、
助産師さんに言われるがまま
1本購入しました。

 

しかし、『母乳実感』の
哺乳ビンを持っている方なら、

別売の専用乳首だけを購入し、
付け替えるだけで実は使用可能
なんです。

わざわざ哺乳ビンごと
購入する必要はありません。

 

妻が相談室を初回訪問した際は、
母乳実感の哺乳ビンを持参し、
それを授乳指導時に使用しました。

助産師さんもプロなので、
母乳実感と専用乳首に
互換性があることくらい、
さすがに知っているはず。

なのに、わざわざ
哺乳ビンごと買わせるなんて・・・

 

助産師さん側も商売なので、
必死なのは分かりますが、

 

いほり
いほり
お客さんのことは、
二の次なんだな・・・

 

正直、僕自身は
こう思ってしまいましたね。

 

これから訪問予定の方は、
ご注意ください。

すでに母乳実感の哺乳ビンを
お持ちであれば、
桶谷式の専用乳首だけを購入すれば、
問題なく使えますから。

もし、哺乳ビンごと
購入を勧められたとしても、
ハッキリ断りましょう。

予備の哺乳ビンが欲しい方は、
購入してもいいかもしれません。

 

③ ママに寄り添う指導方式ではない

桶谷式の指導方式は、

 

助産師さん
助産師さん
桶谷式は○○だから、
△△してください。

 

助産師さん
助産師さん
○○は、△△だからダメです。

 

こういった感じで、
なんとなくですが、
押し付け感があります。

 

もちろん助産師さんによっても
違うとは思いますが、
僕たち夫婦はそういう風に感じました。

 

訪問者の意向や要望に
沿った進め方というよりも、

この方法が正しいから、
それに従ってください

こういったかたちの指導方式です。

 

指導の中でも、
特に厳しいと感じたのが、
『食事指導』です。

 

例をあげると、

  • 基本的に食事は和食中心
  • ご飯は白米を食べること
  • 玄米やパンは良くない
  • もち米もダメ
  • 根菜類を食べること
  • 肉よりも魚を食べること
  • 魚は淡白な白身魚がオススメ
  • 肉は赤身や鶏肉にする
  • 肉の脂身は良くない
  • 揚げ物など油っぽいものも良くない
  • カレーや唐辛子などの
    スパイスや香辛料も良くない
  • ケーキや生クリームは良くない
  • 乳製品(チーズやバター)も良くない
  • 牛乳やヨーグルトも控える

直接話を聞いて、
覚えていたものだけで、
これだけありました。

 

母乳にとって良い、
母乳が詰まるのを防ぐ食事

という意味合いで、
教えていただきましたが、

 

いほり
いほり
そんなに制限されたら、
食べるものないやん!

 

いほり
いほり
パン食中心の欧米の人は、
母乳が不味いってこと?

 

説明を聞きながら、
ついツッコミを入れたくなりました。

 

食事指導に関しては、
どこまで忠実に従うか
自分次第のところがあります。

ただ、出産直後のママに、
ここまで制限を設けるのは、
かなり酷な気がします。

 

自分の要望をしっかり聞いてほしい

 

優しい指導方式がいい

 

こういった指導を希望する方は、
正直、桶谷式は向かないかもです。

 

④ 産院と意見が食い違う

出産した産院と桶谷式相談室とでは、
アドバイス内容に違いが出ることが
あります。

そうなってくると、
混乱してしまったり、
どちらに従うべきかで、
正直迷うと思います。

 

一例を挙げると、

1ヶ月健診時に行われる
赤ちゃんの体重測定に関して、

産院の先生の意見だと、

産院の先生
産院の先生
出生時の体重から1kg以上
増えていないと指導対象に
なってしまいます。

 

それに対して、
桶谷式相談室の
助産師さんの意見は、

助産師さん
助産師さん
出生時の体重から450g増えていれば、別に問題ないですよ。

 

産院と桶谷式相談室では、
全く異なることを言われました。

 

こういう状況になると、
産院と桶谷式相談室

どちらが正しいのか?
どちらを信用すべきか?

迷っちゃうと思います。

 

ちなみに、我が家の息子は、
産院で1ヶ月健診を受けた際、

出生時から600gしか
体重が増えていなかったため、
後日再診になってしまいました。

こういった経験もあり、
結局、僕たち夫婦は、
産院の意見に従うことにしました。

 

桶谷式に対する正直な感想

桶谷式に対する正直な感想

 

今までにご紹介した、
メリット、デメリットを踏まえて、
桶谷式に対する正直な感想は、

『人によって合う合わないの差が大きい』

ということです。

 

それを裏付けるエピソードとして、
以下のようなことがありました。

 

僕たち夫婦が桶谷式相談室で
いろいろとアドバイスを受けていたとき、
次の予約の女性が入ってきて、
問診票に記入を始めました。

僕たち夫婦が帰る支度をしていると、
その女性と助産師さんの会話が
聞こえてきました。(すぐ隣にいたので)

 

問診票を記入していたので、
初診かと思いきや、
その女性はリピーターだったらしく、

しかも、会話のやりとりを聞くと、
前日に産院を退院したばかりの
赤ちゃんを早速、桶谷式相談室に
連れてきていました。

1人目の赤ちゃんの頃から
桶谷式相談室に通っていたらしく、
相当、桶谷式相談室を
気に入っている様子でした。

 

いほり
いほり
退院した翌日に、母乳相談に
来るとか、意識高っ!

 

 

また、別のエピソードとして、

妻が地域の保健師の人に、
桶谷式の評判を聞いてみたらしく、
それによると、

 

食事指導が厳しくて、
食べるものがないんです。

 

思わず泣きながら、
相談してきたママが
過去にいたらしいのです。

 

いほり
いほり
あれだけ食事指導が細かいと、人によっては、まあそうなるよね。

 

 

今ご紹介した2つのエピソード
からも分かると思いますが、

このくらい大きく
桶谷式は、人によって、
合う合わないの意見が分かれます。

 

 

いほり
いほり
ネット上にある口コミの評価が、大きく分かれているのもうなずけます。

 

 

ちなみに、僕たち夫婦間でも、
意見が分かれました。

僕自身の意見は、
助産師さんと直接話してみて、
それほど悪い印象は感じなかったし、

まず何よりも、
マッサージの効果が
大きそうだったので、

妻が嫌じゃなければ、
通ってほしいと思いました。

 

しかし、妻の意見は、

 

妻
食事指導が厳しいし、私はあまり助産師の人も好きになれない。正直、通いたくないかも…。

 

見事に、僕の意見とは真逆でした。

 

授乳するのは妻なので、
最終的に妻の意見を尊重し、

僕たち夫婦は通わない
という選択をしました。

 

桶谷式がオススメできる人、できない人

桶谷式がオススメできる人、できない人

 

ここまでお話したことを踏まえ、
男性の僕が考える

桶谷式がオススメできる人
オススメできない人

これを最後に、お伝えします。

 

桶谷式がオススメできる人

・完全母乳育児を目指している
・母乳トラブルに悩んでいる
・母乳外来で効果を感じられなかった
・合わないと感じたらキッパリ断れる
・メンタル強め

 

桶谷式がオススメできない人

・完全母乳にこだわらない
・食事制限までされたくない
・自分の意向を最優先にしてほしい
・勧められると断れない
・メンタル弱め

 

それぞれの4つ目と5つ目は、
その人自身の性格になります。

 

例えばですけど、
食事制限が厳しすぎだな
と感じた場合、

 

できる範囲でやればいいや

 

そういう考え方もあるのね、
とりあえず聞くだけ聞いとこ

 

こういった考え方ができる人は
桶谷式でいいと思います。

 

対して、

 

言われたんだから、
きちんと全部守らなくちゃ

 

食べるものがない
どうしよう・・・(泣)

 

こういった考えになってしまう人は
桶谷式はあまり向かない気がします。

 

ストレスを感じるくらいなら、
通わない方がマシです。

ストレスがひどくなると、
逆に母乳が出なくなるかもなので。

 

自分の目で確かめるのが一番

男性側の視点で、
桶谷式を解説してきました。

 

一番お伝えしたかったのは、

桶谷式は、人によって
合う合わないが大きく分かれる

ということ。

だから、ネット上にある
口コミも書く人によって、
大きく評価が分かれているんです。

 

ただ、結局のところ、
乳房マッサージの効果や
助産師さんとの相性などについては、

ご自身で、実際に桶谷式相談室を
訪問してみないと分からないと思います。

なので、今の時点で桶谷式が
気になっているのであれば、

一度、桶谷式母乳育児相談室を
訪問してみてはいかがでしょうか?

・自分に合う?合わない?
・今後も通う?通わない?

これらは訪問してみてから
判断すればいいですし、

もし合わないと感じたなら、
僕の妻と同じように、
通わなければいいだけです。

 

↓最寄りの桶谷式相談室は
こちらから探せます。

最寄りの母乳育児相談室を探す

 

ということで、
以上になります。

 

※不明な点などあれば、
下のCOMMENT欄にコメント
いただければ、分かる範囲で
お答えさせていただきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です