家電

ダイキンの空気清浄機MCK55Wを口コミ【価格分の価値あり】

ダイキンの空気清浄機を口コミ

 

・ダイキンの空気清浄機の購入を検討中

・良さげではあるけど、本当にいいの?

・実際に購入した人の意見が聞きたい

こういった疑問にお答えします。

 

僕自身、初めて購入した空気清浄機が、
ダイキンの製品でした。

 

実際に購入したのが、
『MCK55W』(2020年モデル)
という品番のものになります。

 

 

※現時点で同タイプの最新は、
『MCK55X』(2021年モデル)です。

 

いほり
いほり
2020年モデルは末尾が
「W」なのに対し、
2021年モデルは末尾が
「X」になります。

 

実際に使ってみた際の
口コミをお伝えします。

 

なぜそもそもダイキン製品を選んだのか?

世界の大手空調機器メーカーでの
売り上げトップは実はダイキンでして、
現在世界トップの空調機器メーカー
となっています。

また、日本初のエアコンを開発したのも
ダイキンで、もはや空調といえば、
ダイキンと言ってもいいレベル

 

いほり
いほり
ダイキンってそんなにすごいんだ!
ぜひお手並拝見させていただこう!

 

ということで、
ダイキンの空気清浄機を
試してみることにしました。

 

MCK55Wを選んだ理由

MCK55Wを選んだ理由

 

まず、空気清浄機選びのポイントとして、

  • 適用床面積
  • フィルター

この2つが特に重要です。

 

ともに空気をキレイにする力が
どのくらいあるのかを左右する
部分になります。

 

部屋の広さ(適用床面積)

我が家は賃貸アパート暮らしで、
広さは54平米(2LDK)です。

 

MCK55Wの適用床面積は、
最大約41平米(25畳)で、
不足気味ではありましたが、

メインで過ごすリビングと
寝室さえカバーできればいい
という考えで選択しました。

 

↓品番ごとの適用床面積は、
こちらで確認できます。

製品ラインアップ(スペック一覧)

 

オススメのフィルター

『HEPAフィルター』と呼ばれる
フィルターを搭載した空気清浄機が
オススメです。

 

ダイキンの空気清浄機は、
どの品番のものにも、
HEPAフィルター以上のものが
搭載されているので心強いです。

 

HEPAフィルターとは?

直径が0.3μm以上の粒子なら
99.97%以上を補集するエア
フィルターで、病院などでも
採用されています。

また、コロナ対策の一環として、
厚生労働省でも、

空気清浄機は、HEPAフィルタ
によるろ過式で、かつ、風量が
5m3/min程度以上のものを使用
すること。人の居場所から10m2
(6畳)程度の範囲内に空気清浄機
を設置すること」

としています。

 

※厚生労働省「熱中症予防に留意した『換気の悪い密閉空間』を改善するための換気の方法について」より

 

ちなみに、MCK55Wの最大風量は
5.5m3/minで、なんとか推奨される
風量は満たしています。

 

また、ダイキンの空気清浄機には
HEPAフィルター以外にも、
その目的に合わせたフィルターが
いくつか搭載されています。

 

例えば、MCK55Wの場合だと、

プレフィルター:大きなホコリをキャッチする
集塵フィルター:小さなホコリや花粉をキャッチする
→ ここがHEPAフィルターに相当する
脱臭フィルター:ニオイをキャッチする
加湿フィルター:水道水に含まれるカルキなどをキャッチする

 

いほり
いほり
これだけ何枚もフィルターがあれば、空気がすごくキレイになりそう!

 

加えて、ダイキンの空気清浄機には、
ダイキン製品の要でもある

『ストリーマユニット』

というものが搭載されていて、
空気中に存在する有害化学物質を
分解することも可能なんです。

 

いほり
いほり
フィルターでキャッチ!
ストリーマで分解!
これがダイキンの空気清浄機です。

 

もちろん予算も無視できない!

ダイキンの空気清浄機を
ベタ褒めしていますが、
その分お値段はそれなりにします。

というか、
僕自身初めて値段を見たとき、

 

いほり
いほり
空気清浄機っていいやつだとこんなにするの!?

 

正直こう思ってしまいました。

 

MCK55Wを選んだ理由も
実は予算とのかね合いがありました。

MCK55Wの価格は、
2020年1月に購入した時点で、
40,800円(amazonでの価格)

 

空気清浄機の購入自体初めてだし、
大金を出して失敗したくなかったので、
出してもせいぜい5万円くらいだろう
という結論に至り、MCK55Wを選びました。

 

いほり
いほり
5万円でも相当思い切りました

 

購入を検討中の方は、

予算に加え、
何を重視するのか

これを一度考えてみてください。

 

例えば、MCK55Wの1つ上の
上位機種であるMCK70Wには、
スマホ・スマートスピーカーと
連携する機能が付いています。

しかし、僕自身は、

・そこまで機能を使いこなせない
・そんな機能は別にいらない

こういう風に考えていたので、
よりリーズナブルなMCK55Wを
チョイスしたという経緯もあります。

 

参考までに空気清浄機選びにおいて、
僕が重視した点を載せておきますね。

  • 空気がキレイになる
  • 加湿機能が付いている
  • 赤ちゃんがいても安全に使える
  • お手入れがラク

 

いほり
いほり
予算オーバーするなら1つ前の型(品番)を選ぶというのもありですよ。

 

ダイキンの空気清浄機(MCK55W)の口コミ

すみません、
前置きが長くなりました。

これからMCK55Wを
使ってみた上での口コミを
メリットとデメリットに分けて、
お伝えします。

 

ダイキンの空気清浄機のメリット

まずはメリットから。

ダイキン空気清浄機のメリット
  1. 見た目がオシャレ
  2. センサー感度がバツグン
  3. ほどよい加湿機能
  4. チャイルドロック機能で安心
  5. お手入れがラク
  6. ランニングコストが電気代以外ほぼかからない

 

①見た目がオシャレ

まず見た目がスタイリッシュです。

我が家のリビングは、
生活用品や子供のおもちゃなどで
基本散らかってますが、

空気清浄機を設置している
この一角だけはイケてる感じを
いまだにキープしています。

空気清浄機の設置状況

 

ちなみに、色はダークグレーです。

他にホワイトとディープブラウン
がありますが、限定色である
ダークグレーを選びました。
(限定という言葉に弱いだけ)

 

MCK55シリーズのみ3色展開です。
(他の品番は1〜2色展開)

 

空気清浄機をインテリアの1つとして、
色にもこだわりたい方は、
MCK55シリーズがオススメです。

MCK-55Wは3色展開

 

②センサー感度がバツグン

まず使ってみて思ったのが、
センサーが優秀だということ。

部屋の空気の状態に合わせて、
センサーが反応し、
都度ランプの色が変わります。

外出から帰宅したり、
料理をしたりすると、
すぐにセンサーが反応し、

空気をキレイにしなきゃと
フル稼働を始めます。

 

部屋の空気の状態は、
3つのセンサーランプ
(ホコリ、PM2.5、ニオイ)
によって、常に確認できます。

3つのセンサーランプ

 

空気が汚れると、
緑から橙または赤に色が変わり、
空気がキレイになると、
また緑色に戻ります。

 

各センサーが検知するものは
以下のとおりです。

ホコリ、PM2.5センサーが検知するもの:
ハウスダスト、タバコ煙、花粉、ダニ、
ペットの毛、ディーゼル粉塵
(湯気や油煙も検知することがあります)

ニオイセンサーが検知するもの:
タバコ臭、料理臭、ペット臭、生ゴミ臭、
カビ臭、スプレー臭、アルコール

 

③ほどよい加湿機能

加湿機能をONにしておけば、
大体50%前後くらいの心地良い
状態をキープしてくれます。

追記:冬場の低湿度時は、
40%台をギリキープできるかできないかくらいのときもありました。

 

また、好みの湿度に合わせて、
3段階(ひかえめ、標準、高め)
に調整が可能です。

 

住んでいる地域によって、
多少違いはあると思いますが、
冬場になると室内の湿度は、
すぐに30%台まで下がってしまいます。

湿度が40%以下になると、
肌の乾燥、ウィルスの活性化、
アレルギー症状につながります。

冬でも湿度は40〜60%を
維持するのが理想的です。

 

(相対)湿度
60%以上:カビ、ダニ発生のリスク
40〜60%:推奨湿度
40%以下:乾燥肌、ウィルスやバクテリア活性化のリスク

※建築知識2020年11月号125ページより

 

いほり
いほり
湿度は高すぎても、
低すぎてもダメなんです。

 

我が家のように赤ちゃんがいる
家庭は特に湿度を意識すべきです。

空気が乾燥すると、
せきをしたり、乾燥性湿疹が
出やすくなるからです。

 

息子も例外ではなく、
ちょうど秋から冬に変わり始める
11月頃(息子が生後5ヶ月頃)、

空気清浄機の電源を切った状態で
過ごしていたところ、
急にせきをするようになりました。

あわてて空気清浄機の電源を入れた
ところ、見事にせきが治まりました。

これくらい赤ちゃんは
乾燥(空気の質)に敏感なんです。

特に夜寝ている時間帯は、
気が付かない間に、
のどが乾燥してしまうので、

我が家では、節電モードで電気代を
節約しつつ、最低限の湿度はキープ
する工夫をしています。

節電モードでも大体湿度40%台は
キープできています。

 

④チャイルドロック機能で安心

子供って何にでも興味を示し、
すぐに触ろうとしますよね。

MCK55Wには、
チャイルドロック機能があり、
設定中は操作が制限されます。

子供が誤って操作するのを
防ぐことができるので安心です。

※チャイルドロック機能は、
付属のリモコンのみから設定可能で、
本体では設定できません。

 

⑤お手入れがラク

メーカーがオススメする
お手入れの頻度は以下のように
なっています。

・プレフィルター:約2週間に1回
・ホコリ/PM2.5センサー:約3ヶ月に1回
・水タンク内側:給水のたび水洗い、表面はふき取り
・加湿フィルターユニット:約1ヶ月に1回つけおき、または中性洗剤や重曹によるつけおき、1シーズンに1回クエン酸によるつけおき
・加湿トレー:約1ヶ月に1回水洗い
・脱臭フィルターユニット:ニオイや汚れが気になるとき掃除機で吸う(水洗い不可)

 

このように取扱説明書には
書いてありますが・・・

僕自身かなりズボラなこともあり、
購入から約1年が経過しますが、
見事にどれもやらないまま
使用を続けています。

それでも、ニオイがしたり、
機能に異常が生じるようなことは、
今のところ一度もありません。

 

いほり
いほり
約1年後にお手入れしてみた結果を後ほどご紹介します。

 

⑥ランニングコストが電気代以外ほぼかからない

電気代以外に必要な
ランニングコストは
以下のとおりです。

 

  • 加湿フィルターユニット:約10年を目安に交換(アマゾンで約3,000円)
  • 集塵フィルター:約10年を目安に交換(アマゾンで約4,000円)
  • ストリーマユニット:ストリーマランプが点滅したら交換(約10年)(アマゾンで約2,500円)

 

各部材がそれぞれ約10年間使えたとして、
年間コストに直すと1,000円以下なので、
かなり良心的です。

 

いほり
いほり
というか、10年も使えるって
普通にすごい!

 

各部材の交換頻度が10年ということは、
空気清浄機本体は10年以上継続して
使うことを見越してつくられている
ということが見て取れます。

空気清浄機を長く愛用してほしい
というダイキンさんの優しさ
みたいなものを感じますね。

 

以上、ダイキン空気清浄機の
メリットでした。

 

ダイキンの空気清浄機のデメリット

もちろんメリットばかりじゃなく、
デメリットもあります。

続いてデメリットです。

 

ダイキン空気清浄機のデメリット
  1. シンプルに価格が高い
  2. 人によっては効果を実感しづらい
  3. 予想よりもスペースをとる 

 

①シンプルに価格が高い

ダイキンの空気清浄機を
試してみたいけど、価格を見て、
敬遠している人も多いと思います。

僕自身もその1人でしたから。

しかし、妊娠中の妻やこれから
生まれてくる赤ちゃんが過ごす
部屋であることを考えた場合、

必要な投資だと思い、
渋々購入に踏み切りました。

 

妊娠中の妻や生まれて間もない
赤ちゃんがいるご家庭は、

妻や赤ちゃんが風邪やウィルスに
感染するのはなんとしてでも
避けたいはずです。

僕自身も常に心配していました。

 

また、普段から風邪をひきやすい人や
花粉症の人が、空気清浄機を導入して、
症状が緩和されれば、

病院に通ったり、市販薬を買ったりする
手間やお金も節約できます。

病院に行くと、インフルエンザや
コロナウィルスなどを他の患者から
もらうリスクだって上がります。

価格はお高いですが、
投資するだけの価値は
十分あると思います。

 

②人によっては効果を実感しづらい

別にダイキンの製品に限った
話ではありませんが、

空気清浄機を使ったとしても、
空気がキレイになったかどうかは、
正直、体感レベルでは分かりません。

(ダイキン製品の場合、センサーランプで、空気の汚れ具合を確認することはできます)

 

なので、これといった目的がなく、
ただ、なんとなく気になるからという
理由だけで、空気清浄機を購入するのは、
あまりオススメできません。

 

僕自身は、先ほどお伝えしたように、
妊娠中の妻やこれから生まれてくる
子どもの風邪やウィルス対策をする
という明確な目的がありました。

また、僕自身、花粉が多く飛散する
時期でも、部屋の中にいれば、
鼻がムズムズすることもなくなったし、

湿度30%台になるとせきをしていた
息子がせきをしなくなったりと、

空気清浄機を導入した効果を
いろいろな面で実感できています。

 

なので、空気清浄機の購入前に、
まずは目的を明確にすることを
オススメします。

 

③予想よりもスペースをとる

設置に必要なスペース


本体サイズのみで設置場所を考え、

空気清浄機を購入すると痛い目をみる
可能性があります。

 

どういうことか?

僕が購入したMCK55Wを例に、
お伝えすると、

 

MCK55Wの本体サイズは、

横幅: 27cm
縦(奥行き): 27cm
高さ: 70cm

と、高さはあるものの、
ダイキンの空気清浄機の中では、
スリムタイプになります。

 

ただ実際は、汚れた空気を本体
側面から吸い込み、キレイになった
空気を上部から放出するために、

本体の両サイドは壁から30cm以上、
背面は10cm以上、天井面からは
100cm以上離して設置する必要が
あります。

これを守らないと、汚れた空気を
吸い込む過程で、本体周囲の壁が
汚れる可能性があります。

 

もし購入を検討中の方は、

本体サイズ+壁から離す距離

これをもとに設置場所を決めてから、
購入することをオススメします。

 

MCK55Wの使い勝手はどうか?

ダイキンの空気清浄機
MCK55Wの実際の使い勝手を
以下の4つに分けてご紹介します。

 

  1. 最初のセッティング方法
  2. 普段の使い方
  3. その他便利な機能
  4. お手入れ方法

 

いほり
いほり
実際に購入した場合に、使いこなせそうかどうかの目安にしてください。

 

①最初のセッティング方法

使い始める前の準備としては、
ざっくりですが、

 

・設置したい場所に本体を設置する

空気清浄機本体を設置

 

・本体に脱臭フィルターを取り付ける

脱臭フィルターを取り付ける

 

・加湿用水タンクに水を入れて本体にセット

加湿用水タンクを準備

 

最低限この3つだけ済ませれば、
すぐに使い始めることができます。

どんなに遅くても、
30分かからないと思います。

 

②普段の使い方

「風量自動」+「加湿50%設定」

これだけでOKです。

メリットとしてお伝えしたように、
センサー感度がバツグンのため、
風量自動(おまかせ設定的なもの)で、
部屋の空気を最適な状態にしてくれます。

細かい設定は一切不要です。

実際にやるのは、
電源ボタンをON、OFFするだけ。

ちなみに、加湿のみの運転はできないので、
そこだけは、ご注意ください。

 

いほり
いほり
もちろんお好みに合わせて風量や目標湿度など細かく調整も可能です。

 

③その他便利な機能

風量自動以外の設定としては、
以下の3つがあります。

・節電モード
→電気代を節約しつつ運転
(就寝中にオススメ)
・花粉モード
→花粉をキャッチしやすい
(花粉がひどい時期にオススメ)
・のどはだモード
→自動で湿度を調整する
(乾燥する冬場にオススメ)

すべてボタン1つで切替可能です。

 

あと、機能ではないですが、
ウィルス対策をより強化したい方は、
別売りの「バイオ抗体フィルター」
がオススメです。

別売りのバイオ抗体フィルター

こちらはウィルスの抑制効果を
高める専用フィルターになります。

約1年単位で交換する必要はありますが、
ウィルス対策が強化されるのであれば、
決して悪くない投資だと思います。

もちろん我が家でも使っています。

 

使い方としては、
脱臭フィルターの上に
セットするだけです。

我が家でも使用中

購入の際の注意点としては、

機種によって適用できる品番が
異なるのでご注意ください。

例えば、MCK55Wの場合、
対応するバイオ抗体フィルターの品番は、
「KAF080A4」というタイプになります。

購入した空気清浄機に対応する
品番のバイオ抗体フィルターを
選ぶようにしましょう。

 

バイオ抗体フィルターの品番

 

いほり
いほり
取説にもきちんと書いてあります。

 

④お手入れ方法

家電製品で一番面倒なのが、
お手入れです。

長く使うにはお手入れが大事!

ということを
頭では理解していても、
なかなか行動に移せないのが、
ホンネのはず。

 

我が家も例外ではなく、
案の定、購入した空気清浄機を
ほぼ1年間手入れゼロのまま、
使い続けました・・・。

 

そこで約1年間放置し続けた
ダイキンの空気清浄機が
どのくらい汚れたのか?

参考までにご紹介します。

これを見ていただければ、
重点的にお手入れすべき箇所が
分かります。

 

 

事前に準備するもの

 

・掃除機
・ぞうきん
・綿棒、やわらかいブラシなど
・クエン酸
・つけおき用の容器

掃除機以外はすべて
100均で手に入ります。

お手入れする前に、
準備しておきましょう。

 

では、実際に取扱説明書に
書いてある箇所を順に確認
してみました。

 

プレフィルター

まずは一番外側にある
プレフィルターから。

プレフィルターは装置本体の
左側、右側、前面にあります。

左側のプレフィルターです。

左側のプレフィルター

 

いほり
いほり
ホコリがすごい・・・

 

明らかに汚れていますね。

 

「フィルター部破損の原因になるので、
格子間のお手入れに綿棒は使わないで
ください」

こう取説に書かれていますが、

ホコリをかき取るものが、
綿棒くらいしかなかったため、
フィルターを傷付けないよう、
慎重に掃除してみました。

 

格子1列のホコリ量

格子1列なぞっただけで
このホコリの量です(汗)

 

こんな汚れたフィルターのまま
使い続けていたなんて・・・
正直自分でも引きました。

右側のプレフィルターも
同じくらい汚れていました。

 

続いてこちらは
前面のプレフィルターです。

前面のプレフィルター

こちらもホコリがすごいですね。

 

左から順に左側、右側、前面の
プレフィルターに付着していた
ホコリの量です。

ホコリ量の比較

しっかりとプレフィルターで、
ホコリをキャッチできているのが、
今回のお手入れで確認できました。

 

この後、プレフィルターは
掃除機でホコリを吸い取り、
水洗いして乾かしました。

掃除後のプレフィルター

すごくキレイになりましたね。

 

 

ホコリ/PM2.5センサー

左側のプレフィルターを外すと、
内側にホコリ/PM2.5センサー用
空気取り入れ口があります。

プレフィルターの内側

プレフィルターの内側は、
プレフィルター本体に比べれば、
全然キレイな方ですが、

それでも上下の溝にはホコリがたまり、
細かいホコリも目につきました。

掃除機でホコリを吸い取り、
取りきれないホコリは、
乾いたぞうきんでふき取りました。

 

あと、ホコリ/PM2.5センサー用
空気取り入れ口のカバーを外すと、
内側にセンサーのレンズがあります。

センサーのレンズ

レンズ本体はキレイでしたが、
周辺にホコリが付着していたので、
こちらは綿棒でキレイにしておきました。

 

 

水タンク

加湿用水タンクの内側

加湿用水タンクの内側は中に水を入れて、
振り洗いした後に給水するようにすれば、
改めて掃除する必要はないかと思います。

 

加湿フィルターユニット

加湿トレーに乗っかった
水車みたいなのが、
加湿フィルターユニットです。

加湿フィルターユニット

こちらはパッと見汚れてなさそう、
と思ったら、黒い斑点が・・・

加湿フィルターユニットのカビ

完全にカビですね。

クエン酸水によるつけおき洗い

クエン酸を溶かしたぬるま湯に
約2時間ほどつけおきした後、
綿棒、やわらかいブラシ等で
軽くこすればキレイになりました。

 

加湿トレー

こちらも加湿フィルターユニット
と同様に、カビが生えていました。

加湿トレーのカビ

加湿トレーにはヌメリ抑制用の
銀イオンカートリッジが付いており、
クエン酸や重曹水が使えないため、

綿棒、やわらかいブラシなどを使い、
水洗いでカビや汚れを落としました。

銀イオンカートリッジ

 

脱臭フィルターユニット

こちらはキレイな状態でした。

使用後の脱臭フィルター

空気清浄機を使っていて、
ニオイが気になるときだけ、
掃除機でホコリを吸えば、
いいみたいです。

 

その他

その他として、

・集塵フィルター

使用後の集塵フィルター

 

・バイオ抗体フィルター
(取り付けてる人のみ)

使用後のバイオ抗体フィルター

 

・本体内部

空気清浄機本体の内部

 

それぞれ確認しましたが、
目立った汚れはなく、
キレイな状態でした。

 

掃除してみて分かったこと

・プレフィルター
・加湿フィルターユニット
・加湿トレー

 

この3つに関しては、
3ヶ月に1回、面倒なら、
半年に1回くらいは、
定期的にお手入れした方が
良さそうです。

3つすべてやったとしても、
30分〜1時間もあれば
十分終わります。
(加湿フィルターユニットの
つけおき時間は除く)

 

上記3つ以外の箇所に付いては、
1年に1回、例えば年末大掃除の
タイミングなどに確認すればOK
だと思います。

※あくまで個人の意見です。
使用環境や使用頻度によって
汚れ具合は変わってきます。

 

ダイキンの空気清浄機は試してみる価値あり

ダイキンの空気清浄機

『価格分の価値は十分にある』

というのが、
実際に使っている
僕自身の率直な意見です。

 

  • 出産予定の妊婦さんがいる
  • 小さいお子さんがいる

特にこういったご家庭にとっては、
風邪やウィルス対策の一環として、
あると非常に心強い存在になります。

 

ちなみに・・・

人が体に取り入れるものは
食べ物や飲み物だけじゃありません。

実は、体に取り入れるもののうち、
約80%以上が空気なんです!

健康的な食事を意識することも大事ですが、
24時間絶えず体に取り入れている
空気に関しても、この機会に
こだわってみてはいかがでしょうか?

 

この記事でご紹介した製品です。

1つ前のモデルのため、
最新機種に比べると、
約5,000円近く安くなってます。

 

ということで、
今回は以上になります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です